3Dプリンタを使った現実世界の“ハッキング”に注意

久しぶりの投稿です。

年明けよりバタバタ過ごしていたら、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。

 

さて、ロシアのコンピュータセキュリティ会社のカスペルスキーは、この度、衝撃的な警告を発しました。

なんと、SNSなどのネット上に掲載されている「鍵」などから、3Dプリンタで合鍵が簡単にできてしまうので、注意とのブログを公開しました。

たしかに、考えて見れば、簡単な鍵なら写真で作れなくもないですが、仮に、鍵が作れたとしても、家がわからなければ意味はありません。

しかし、SNSでは個人情報も特定しやすく、セキュリティ上、できるだけ鍵を掲載しないように注意が必要です。

もし、過去にアップした画像の中に鍵の写真があれば、今すぐ削除するようにしておきましょう。

Posted in 新着.